ブログ

blog

最近のヒヤリハット

2024年2月7日

皆さんこんにちは!

明石のパーソナルトレーニングジムTRE・RESORTの大元です。

 

最近はマネージャーの張間に自分のセッションを見学してもらう機会がありました。

お客様の身体の使い方のエラーパターンのデータ集めて、より適切なメニューを提供できるようにしていくことと、トレーナーのスキルアップのためです。

 

そこでの会話

「大元はあまり褒めないですからねえ」

 

ヒヤッとしました🫢

 

えっそんなに?!(゚o゚;;

意味なく褒めちゃったな〜が結構あると思っていたのに…

もっと褒めた方がいい?むしろ今のままがいい?

心地悪くなってる? いやでもそんなに褒めたら気持ち悪いよな?

 

自分が思っていたことと逆を言われてハッと。

 

意味もなく褒めるようなことはしないように気をつけていて、

むしろ出来たことに関しては何が良かったか理由を説明するということを意識していた「つもり」でした。

 

褒める褒めないや、それが良かったのか悪かったのかが問題ではなく、自分の意識とは裏腹に周りからの見え方が違っていたことが問題だなと…

問題というより、そういう見え方や伝わり方があることを知った上で行動しないといけないと改めて思いました。

普通の基準も人それぞれ違えば、簡単、辛い、好き、嫌いの基準もみんな違います。

 

理解している「つもり」が一番ダメなこと。

相手の目線に立って、求められていることを探り、こちらも必要なことを伝えていきながら、今より良いセッションを作っていかないといけません。

 

大事なこととわかっていながらまだまだできていない。。

コミュニケーションをとりながら、もっと目の前の人を理解できるようにならねば。。