ブログ

blog

帰省

2024年1月6日

こんにちは

明石のパーソナルジム フィジカルバンガードスタッフの岡室です。

今回は年末年始に実家に帰ったのでその際の話をしようと思います。

以前に話したことがあると思いますが、関西空港行きと、和歌山行きに途中で別れてしまう紀州路快速に乗って帰りました。

今回は無事間違えることなく帰れました。

 

実家の最寄り駅までは約3時間ほどの道のりで最寄り駅からは車がないと基本帰れません笑

学生の頃はこの距離を自転車で毎日通っていたんだと思うととんでもない距離でした笑

自転車で約1時間程は大人でもかかるのではという距離です。

今も自転車移動ですが、こんな距離をこぐことはもうないのではないかと思いながらしっかり母に迎えにきてもらい、車から外を眺めていると近所には高速道路が通るらしく、工事中で道も少し変わってしまっていました。

 

田舎も少し開発が進んで便利になるんだなと思いながら嬉しい反面少し寂しい気持ちになりました。

 

その時にふと思ったことがあります。

今私はボディビルの団体の運営にかかわらせてもらっているのですが、その団体は70年続く団体で、歴史のある団体です。

なかなか知名度が上がらず、選手がほかの団体に比べて少ないので選手をもっと集めないと行けません。

なので新しいことをたくさん取り入れるとさらに知名度が上がったりもっと選手が集まるのではないかと思うことはあります。

しかし、その団体の歴史や長く運営してらっしゃる方々の気持ちなども組んだ上で提案をしていかないと関係性のみならず、この団体の歴史を踏みにじってしまうことがあると社長からよく言われます。

それはこの田舎も一緒で田舎の景色の中に近代的なものが入ってくることをよく思わない人も多くいるようで、嫌がっている人の気持ちも考えた上で進めて頂きたいなと思いました。

 

今回実家に帰ったことで、社長によく言われていた内容も理解出来た気がしました。